読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最初の手紙

あいにく、空は雨模様。

雲の上では、楕円軌道に乗る月が、地球に最接近しているところだそうです。

 

たぶん、今日が最良の日。

ようやくスタート地点にたてました。

 

はじめまして。Atelier tsukimitainiです。

非常に緊張しております。

 

これから、ここで、さまざまな文章を書いていこうと思っています。

思っていること、考えていること、気づいたこと、くだらないこと、

まじめなこと、良いなと思ったこと、もの、ひと、ばしょ、本。

なんでも書いていきたいと思っています。

 

文章だけではなくて、絵を描いたり、本を読んだり、手紙を書いたり、何かを作ったりもします。それを生活の糧とし、仕事としてゆくつもりです。

 

そして、その活動すべてをAtelier tsukimitainiと呼ぼうと思っています。

このブログは、tsukimitainiのいちばんはじめの、さいしょの一歩です。

 

tsukimitainiは正社員の仕事を辞めた2年と少し前から温め続けていたものでした。

だから、始めるときは、全ての体裁を整えて、デデーンとやるつもりでいたのです。

立派なホームページを作って、名刺も作って、こういうところに出向いて、と。

 

私がこうありたい、と思う「理想」に照準を合わせて、どのように文を読んでもらい、絵を見てもらうことが効果的なのか、そんなことばかり考えていました。

 

でも、その「体裁を整える」ための着地点がなかなか定まらなかったのです。

いろいろな方に相談をして、いつまでも何もできずに2年が過ぎました。

何かを始めようと思えば誰でも今すぐ始められる、そんな時代にわたしは2年も停滞しました。

 

しかたがないのです。結局いつもそうだから。スマートになんてできません。

 

でも、これが私の武器です。ていねいに時間をかけてやっていく。

 

薄っぺらで独りよがりなものなんて、作りたくありません。ただ、表現したいことはたくさんあります。だから、そろそろもう、やってみることにしました。

 

一日が終わる夜のね、ちょっと息抜きできそうな僅かで大切な時間に、少しだけお邪魔させてもらって、少しでも何か良いものを与えられたらと思うわけです。

 

それは、静謐な月明かりみたいに。

 

「今、そこにいるあなたのために書いています」というふうなものを書きたいんです。じんわり沁み入るような何か。tsukimitainiがじわじわと深い深い底で、届く人のところにだけ届いて広がってゆくようなイメージ。それが私の理想です。

 

今まで気にしていた体裁という名の「カタチ」はこれからできていくでしょう。それまでは、出来合いのブログで、きちんと言葉を集めて、ためていきたいです。

 

まずは、「言葉にすること」を続けてゆきたい。 

 

どうか、お付き合いいただければと思います。

よろしくお願いします。 

 
2016.11.14 sai